チキン入ドッグフード

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

犬の食事を考える際、まずひとつに消化が苦手であることを覚えておきましょう。もともと肉食であるため、食物繊維などを取り込む習慣がなく、体が消化に適していないのです。近年では、効率的なエネルギー源として、また安価なかさ増し素材として適した、穀物などを配合した植物原材料もプラスされたペットフードが多く登場していますが、与えすぎには注意しなければならないとされています。そうした観点からも分かる通り、肉が原材料であったとしても、消化のしやすさには気を遣うことが大切です。

その点、チキンは消化しやすい素材といわれています。それこそ、消化が難しい穀物を配合されている場合であっても、チキンの作用によって安全に摂取できるとされているほどです。加えて、含まれる栄養素が吸収されやすいので、犬の健康を考える上での適した素材となってくれます。

また、チキンは他の肉に比べて犬が好んで食べる素材でもあります。そのため、食欲がない、食いつきが悪いといった状況を改善するための餌としても役立てられます。加えて、ドライフードが好みでない犬の場合はウェットフードを選択すれば良いでしょう。ウェットフードもまた、食いつきを改善するタイプとして知られているためです。素材やタイプの特徴を知ることで、健康をサポートしてあげられます。

犬はドッグフードから

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

犬も人間と同様で、日々の健康を考えるなら食事への意識が欠かせません。加えて、犬は言葉を話せない生き物です。人間なら不調や不満を言葉や表情で訴えられますが、犬となればそううまくはいきません。そのため、異常が起こる以前から安全な食生活を管理してあげることが大切です。

特に注意すべきは、犬が肉食であるという点です。人間は雑食なので、肉以外にも野菜や果物、さらにはサプリメントなども摂りつつ微妙な健康管理が可能です。ですが犬の場合、多くを肉メインで考えなければなりません。つまり、そもそも食の基準が人間とは違うというわけです。その点についても、注意が必要です。

そんな中、健康を守ってあげる上でおすすめとなるのが、チキンを配合したドッグフードです。動物性たんぱく質を原材料とした餌でも、牛やラム・鹿・魚・にわとり以外の鳥類など、さまざまに種類があります。ですがその中でもチキンは重宝される素材のひとつとなっています。難しい犬の食管理を考える上で、心強い存在となってくれることでしょう。

以下では、そんなチキンを配合したドッグフードの特徴について詳しくまとめています。人間が食べる食材としても、牛などと比べ比較的健康的であるとされるチキンですが、犬の場合どのような特徴がメリットとなるのでしょうか。またチキン配合ペットフードの中でも、特に理想的となるのはどういったものでしょうか。ポイントを把握して、愛犬の健康や幸せをサポートしてあげてください。